K go to NEXT:いばやスタイル実践記

ACIM(奇跡講座・奇跡のコース)学習者による ibaya《いばや》坂爪圭吾さんリスペクトブログです


    場所:菊名 Scramble House Tokyoの2階 (外階段をあがって右側、最初の扉)
    定員:1名(ただし事情がある場合は応相談)
      使いたいかたはKまでご連絡ください
      メインの畳の部屋と、板の間の台所の二部屋です。
      電気、照明あり。水、トイレあり。ガスは当面 使えません。
      シャワーは1階でお願いします。
      ベッドも布団もありません。
      空気で膨らませるソファがありますが、寝るには不適かも。
      (ドライヤーと扇風機を1階から借りてきて設置してください)
      宿泊希望の方は、当分の間、寝袋持参でお願いします。



とにかく圭吾さんの言葉を直接 読んでほしい。語り合うのはそれからだ!

平成29年7月18日 午後6時半過ぎ

久々にノマド的なことをしている。
スマートフォンの電池が切れかかって、充電中。その間ノートパソコンで作業。

フリーWi-Fiの具合があまり良くないな…と思ったけど、スマホの方は良好だ。
どうも ごちゃまぜの家@菊名に設置したサーバー(?なのか?意味がよくわからないまま雰囲気で使っている…)だか何だかを自動で探しているようで「〜〜〜が見つかりません」というポップアップメッセージが一定時間ごとに出てくる。たぶんこれがフリーWi-Fiとの接続を邪魔しているのだろう(今、ようやくシステム環境設定をどうにかすればいいと気づき、問題解決)

菊名に設置した、と過去形で書いたが、一応インターネットは設置完了したけれど、Wi-Fiについては「しつつある…」くらいが正しいのかも。
自分の担当箇所は完了。あとは通信会社さんのがんばり次第で、今日〜最長3日後の間に、めでたくWi-Fi環境になる予定(ここまで書いて、「あ、このことを圭吾さんにまだ報告してなかった」と思い、報告した)

 

ふう。。。ちょっと疲れている。

以下、かなりの毒出し系のため、そういう波動に弱い方は退避をお勧めする。

 

 

昨晩の23時半ごろ、夫から電話がかかってきて。
なんだか知らないが自分の中で何かが解決したらしく(?)明日 東京に帰ると言う。しかも、家の鍵を持たずに出たので明日の昼休みの時間帯に職場の近くまで取りに行くからよろしく、とのこと。
自分はもう眠ってたから寝起きの頭で「??」& 若干 不機嫌な感じで応答。

その後も午前2時と午前3時過ぎと午前3時45分頃に、誤字脱字オンパレードの、意味不明 又は 自分と圭吾さんへの蔑み系のメールをいろんな形(ショートメールや携帯メール)で送ってきて、なんだか げんなりしてしまって。

「頼むから嫌いにさせないでくれ!」的な祈りを発する自分。
自分についてはまだいい。自分の感じている熱量をうまく表現できていない(伝えることができていない)責任はあると思う。

でも、圭吾さんを侮辱するのは。

いや、圭吾さんの言っていることをちゃんと知って理解した上で「それは違うと思う」というなら、全然OKだ。むしろ「ガチで直接対決してくれ、自分の仲介なしで」と思う。
でも違うのだ。彼は、圭吾さんのブログもクラウドファンディングの企画内容も読んでいない。これは断言できる。読んでいたら絶対出てこないタイプの侮辱だったから。

 

もしも。
「酔っ払っているから…」「覚えていないから…」という理由で、ふつうなら ゆるされないことが ゆるされると思っているとしたら。

 

甘えてんじゃねえ!!!
こっちは、24時間365日、正気なんだよっ!!!
酒に逃げたりしてねえんだよ!!

 

と言いたい。が、メンドーなので言わない。


とにかく、圭吾さんの言葉を直接 読んでもらおう。
そう思って、今朝、夫にメールを出した。

 

件名:ごちゃまぜの家について

 

以下、坂爪圭吾さんの「ごちゃまぜの家を作りたい!」というクラウドファンディングの企画内容です。

長いですが、これをまず読んでください。それから語り合いましょう!

 

☆☆以下 クラファンサイトからのコピーです☆☆

私の名前は坂爪圭吾です。1985年4月7日に新潟県新潟市で三人兄弟の末っ子として生まれた31歳のO型【牡羊座動物占いはオオカミ】です。現在は特定の仕事には就ておらず、自分自身をフリー素材として開放をしながら「みなさまに自由に好き勝手に使ってもらう」ことで生きている(生かされている)人間になります。文章を書くことが好きなので、ブログなどを通じて自分の思いや日々のあれこれを書き綴ってはいるのですが、ブログからは1円の収益もあがっていないために、よく言えば「みなさまの善意によって生かされているひと」、悪く言えば「ただの無職」ということになります。

……

 プロジェクト本文を全部コピペして送った。

 

あー、長くなっちゃった。ほかに書きたいことがたくさんあるのに!!

でも、まあ、これが最優先だよな。ここを突破しないと、自分は次に行けない、ということははっきり分かっている。

続く。