K go to NEXT:いばやスタイル実践記

ibaya《いばや》坂爪圭吾さんリスペクトブログです

初めての東名単独ドライブ & 20年ぶりの首都高運転 & やらかした!けど一晩で持ち直す。修復力が上がったか?

毎日が面白すぎて激流すぎて、ブログの更新が全然追いついていない。

若狭美香ちゃんのように、ちょっと時間が経ってしまったこともさらら〜〜とアップしちゃうのもすごくイイ!
だけど、まずは直近のことから書く。なぜかというと、そこに熱量というか、エネルギーを感じるから。
コトの最中や直後の空気感・groove感って、その時 特有のかなり特別なものである気がする。

それは時間の経過とともに少しずつ変化する。

直後の熱量はエントロピーによって そのほかの部分と混ざり合って均一化し、分化が難しくなる。コーヒーに入れたクリームみたいに。

 

 

一昨日(8/3 木)の昼過ぎ、丸の内の新丸ビルにいた。

午後から熱海や菊名で出会った 圭吾さん関係の友達4人とカラオケに行く約束で、東京駅でバイトしてるMちゃんに合わせて東京駅の近くのカラオケボックスに行こうとしてたんだけど、言い出しっぺのAくんがまさかの体調不良でキャンセルに。

ちなみに、このイベント?は もともとはカラオケでは なかった。7/30に開催された熱海のわたり食堂でAくんと初めて会った。「バンドやろうよ!」って盛り上がって いきなりスタジオに入ろうとしたAくんに、とりあえず やりたい音楽の方向性とか互いの歌のレベル?とか紹介しあう目的で「まずはカラオケに行こう」と自分が提案したという流れがある。

5人のうち、女子二人は夕方(または夜)からの参加予定だったので、Aくんがキャンセルした時点で、その日の午後は自分と鉄砲玉のひろきくん(歌が超絶うまい!&英語もいけるバングラディシュ帰り。なのでヴォーカル候補として自分が誘った)の二人となった。

新丸ビルは東京駅の真ん前という立地なのに、ゴージャスな空間の使い方をしている素敵&不思議なビルで、大好きなのだけれど(館内装飾がアールヌーボーアールデコ風で、アールヌーボーアールデコ♡ラブな自分はそこもツボ)、その商業エリアのソファは パブリックスペースとは思えない かな〜り自由な雰囲気に包まれていて、ランチの時間帯には 食後のお昼寝タイムに突入してスライムのようになっている会社員やOLさんをあちこちで見ることができる。

なので、このパブリックスペースでとりあえずダラダラしようと、ひろきくんと合流しソファに落ち着いた矢先、スマホをいじっていた ひろきくんが突然「カラオケキャンセルしていいですか! 緊急の鉄砲玉依頼が来た!」と。

依頼内容はなんと「山中湖畔に忘れてきちゃったらしいiPhoneを探して、拾ってきてほしい(涙) 」という、なかなかに難易度高め & 仮に屋外にあって雨にでも降られたらヤバイ系の、急ぎめ依頼だった。


すぐに検索かけて交通手段を探る ひろきくんに、前日あたりから 暗にドライブデートに誘いまくっていた 愛知までヒッチハイクする ひろきくんに「途中まで送ろうか」的な提案をしていた自分は、あまり深くも考えずに「うちの車、使う?」的な申し出をしていた。

 参考記事 

 

  僕の出動がなんかいい感じにまとめられている!!  リンクがうまく貼れない。ごめん

  鉄砲玉依頼&ドライブデート完了!

  

かくして自分は、静岡県富士川の河川敷近くから東京 東側の自宅まで、一人で車の運転をして帰ることとなった。

 

f:id:K-GO-TO:20170805113252j:plain

 


東名高速は かなり慣れている道だけど、常に助手席だった。

そして怖いのが首都高! さすが前回の東京五輪のとき突貫工事で作っただけある、狭い上に出口が左とは限らず、かなりのスピードでの車線変更が当たり前、事故らないほうが不思議でしょ!的なヤバめ高速。場合によっては下の道を行くのもアリだなと思っていた(下の道、渋滞が嫌なんだけど)。

自分の運転を見て ひろきくんが具体的なアドバイスをたくさんくれた(事故らずに東京まで たどり着けるのか本気で心配だったのだろう…。心配かけてごめんよ)ので、落ち着いてそれを守ろうと思った。

平日昼間の東名高速は気持ち良く空いていて、自分のペースで走れた。一時間ほど走って、いつも空いてる、周囲の林も気持ちよい鮎沢パーキングエリアでソフトクリーム休憩。

 

f:id:K-GO-TO:20170805113311j:plain


気合いを入れ直してスピッツONE OK ROCKを大音量で流しながら、オープンのまま走る。

夏、天気がいい日はオープンカーはクーラー意味ない&日焼け必至の修行系カーになるのだけれど、運良く曇天で。
ツーシーターのオープンカーという非常に使い勝手の悪い車は、夫の熱望により中古で入手したのだけれど、オープンカーの何がいいかと言うと、カッコイイ!とか 風を感じるぜ! という一般的な理由ではなく、自分の場合は「ココに危ない車がいます!!!皆さん注意してね」という警告看板的役割を果たしてくれること。

ベンツは修理費高いし、他のドライバーからすると できれば接触を避けたい車。その上、年齢不詳のワンピース女がノリノリで歌いながら、ツッコミ系のヤバめな運転していることがわかるから「なるべく近づかんとこ」って思ってもらえたらありがたいなぁと。

 

スタートから約3時間で東京都江東区に無事帰宅。

おお!!!!! なんか運転に自信がついたよ〜!! 難しめのうちの車庫(機械式で柱が迫っている)にもさらっと駐車できたし。

 

喜びとともに「マニュアルモードでエンジンブレーキを使うの、すごく便利だね〜!」と夫に言ったら「気をつけてね」と言われた。そして「うちの車はFF車だから」と よくわからない長い解説が始まった。
FFっていうのは わかってる(と思う。駆動輪が前なのがFFで、後ろなのがFRだよね?)。だから何? → 機械に関する長めの解説(しかしよくわからない。言葉の再現率1%「アンダーステア」)→ えー、だから、具体的にはどう気をつければいいの? → 機械に関する長めの……(以下 省略)

 

なんというか、回りくどいんですよ。何を言いたいのかが全然わからない。
エネルギー的には、なんだかちょっと嫌な感じのエネルギー。
言葉自体はたくさん費やされるものの意味をつかめず、「え? どういうこと? もうちょい具体的にどう気をつければいいか教えて」と言うも同じことの繰り返しで。
ふと、出発前のわずかな時間に、さらっと的確なアドバイスをわかりやすく伝えてくれた ひろきくんのことを思い出してしまう。

 

言葉に乗せられたエネルギーをそのまま言葉に置き換えてみる。
「運転に慣れてきたし、調子にのってると危ないぞ。スピード出さないように気をつけろってこと?」と問うと「そういうこと」とのこと。
「始めから はっきり そう言ってよ〜。何を言っているのか全然わからなくて、イライラした」と言ったら、キレられた。「イライラするとか言われても!! こっちは我慢して言葉を選んでいるのに…」

それだ!!
我慢して言葉を選んでる、その感じが気持ち悪かったんだ。
言葉に隠された意図を感じると、言葉がまっすぐに入ってこないんだ、最近。何を我慢しているの?そこも意味がわからない。

そのあと、夫は不機嫌モードに突入し…。自分は「あ〜、やらかしちゃった…」と心の中で肩をすくめて、就寝。

 

翌朝、ちょい反省(までいかないけど)して。「おはよう」って言ってすぐに「昨日はごめんね。言いかたが悪かった。心配して言ってくれたんだよね。その気持ちを全然汲んでなかったよ」と続けた。そしたら、夫も「うん、わかってくれればいい」と。
うん、修復力がいつのまにかアップしていたようだ。

そして夫は今日から北へ旅立つとのこと。火曜日に帰宅予定とか。
鉄砲玉のみなさん! 清澄白河に宿泊するチャンスですよ!(笑)