K go to NEXT:いばやスタイル実践記

ACIM(奇跡講座・奇跡のコース)学習者による ibaya《いばや》坂爪圭吾さんリスペクトブログです


    場所:菊名 Scramble House Tokyoの2階 (外階段をあがって右側、最初の扉)
    定員:1名(ただし事情がある場合は応相談)
      使いたいかたはKまでご連絡ください
      メインの畳の部屋と、板の間の台所の二部屋です。
      電気、照明あり。水、トイレあり。ガスは当面 使えません。
      シャワーは1階でお願いします。
      ベッドも布団もありません。
      空気で膨らませるソファがありますが、寝るには不適かも。
      (ドライヤーと扇風機を1階から借りてきて設置してください)
      宿泊希望の方は、当分の間、寝袋持参でお願いします。



アルケミークリスタルボウルの奏者としてデビューすることになりました!(お知らせ)

 

Facebookなどでは昨日お伝えしましたが、自分、クリスタルボウル奏者としてデビューする運びとなりました。

 

え、なんか急じゃないですか?
そんなこと、ひとっことも言ってなかったですよね?

そう思われたかた、そのとおりです!笑

 

急すぎて自分でも笑っちゃうくらいです。
でも、この布石は十分すぎるくらいにあったのだなあ、と改めて振り返れば思います。
もう十年以上も前から、自分でそれと意識しないままに準備を進めていた様子です。


つーか、クリスタルボウルって何?

ですよね、ですよねー。
私もよく知りませんでした(おととい、初めて触りました)。
もう10年くらい前に一度演奏会に行って聴いたことがあったくらいで。

 

クリスタルボウルというのはその名のとおり、クリスタル(水晶)を砕いた粉を型に入れ、高温で溶解して形成したボウルです。
クリスタルボウルは大きく分けて3種類あって、自分が今回出会ったのは アルケミークリスタルボウルという、純度の高い水晶に様々な宝石や鉱物が加えられたもの。

     ↓  これ

 f:id:K-GO-TO:20170807121416j:plain

@MANIMANA CRYSTAL & CRYSTAL BOWL (クリスタルショップ マニマナ)

 

色が違うのは含まれている宝石や鉱物が異なっているから。

全く同じものは絶対にできないので、本当に一期一会なものになります。
それはまさに出会い。
そして、演奏もボウルとマレット(バチ)の出会いなのですって。

しかも、同じボウルでも奏者によって全く異なる響きになります。
それは、単に奏法の問題ではないようです。
たとえ奏法は全く同じで、寸分の違いもなかったとしても、同じ演奏や響きにはならないということ。なぜなら、クリスタルボウルは奏者の内面を増幅し反響させていくからです。そして、放たれた波・エネルギーはいずれ奏者に帰っていきます。

そのように私たちは互いに響き合い影響し合っていることを、クリスタルボウルは端的に教えてくれます。

不思議な音、響きです。
倍音の波にさらされ続けると「自分の体の大部分は水なんだなぁ」と改めて思い出したりします。

体や心や魂に、いろいろな効果があるのかもしれません(何もないのかもしれません)が、自分は今のところ、クリスタルボウルについて あまり多くの言葉を持ちません。
知識がないから という理由もありますが、言葉で伝えられることの限界をしみじみと感じてしまうからです。
なので、気になったかたは ぜひ聴いてみてください。

宮古島ツアー(8月25日〜9月2日)で正式にお披露目しようと考えていますが、その前に、圭吾さんと相談して大丈夫でしたら 菊名のごちゃまぜの家でちらっと何かするかもしれません。

今後は演奏会のほか、ヒーリングバス(音浴)、個人ヒーリングセッションなど、少しずつ試みていく予定です。

以上、取り急ぎのお知らせでした。