K go to NEXT:いばやスタイル実践記

ibaya《いばや》坂爪圭吾さんリスペクトブログです


    場所:菊名 Scramble House Tokyoの2階 (外階段をあがって右側、最初の扉)
    定員:1名(ただし事情がある場合は応相談)
      使いたいかたはKまでご連絡ください
      メインの畳の部屋と、板の間の台所の二部屋です。
      電気、照明あり。水、トイレあり。ガスは当面 使えません。
      シャワーは1階でお願いします。
      ベッドも布団もありません。
      空気で膨らませるソファがありますが、寝るには不適かも。
      (ドライヤーと扇風機を1階から借りてきて設置してください)
      宿泊希望の方は、当分の間、寝袋持参でお願いします。



カタカムナかるた/見舞いにきてくだ祭(さい)/徹くんとの出会い

リアルでの動きが濃すぎて、相変わらずブログが追い付いていない。

先週も引き続き濃い一週間だった。

 

89日(水)の午後、石川町の ひだまりのおうち に出かけた。

久々に節紀さんとお会いし、今の状況を少しお話しし、お願いしていたものを受け取る。

おねがいしていたものは こちら↓ 

 

f:id:K-GO-TO:20170815060835j:plain

f:id:K-GO-TO:20170815060845j:plain

 

 

昭子さんが作ったカタカムナのかるた。

この陽だまりのおうちで「カタカムナひとつめ」から「みっつめ」までを受講したのは2015年の5月頃だったか。

ちょうど、ようやく欝から抜け出せて、そろりそろりと動き始めた頃。

 

 参考*旧ブログ記事 ↓ 1行目で、すでに「やばい」と言ってます(笑)

 

同上 マワリテ メグル|光の声が天(そら)高く ~世界共有幻想を超えて

 

2015年はジェットコースターに乗っているような毎日で、シンクロの嵐に奇跡の雨が降り注ぎ、自分の中が日々どころか刻一刻と更新されていた。

「自分のハートの叫び」に従って生きると、かくも風景が色鮮やかに迫ってくるものなのかと、目を瞠った覚えがある。

 

その2015年と似ているな、と思っていた今年2017年。

 

f:id:K-GO-TO:20170815060951j:plain

「久々だからゆっくり節紀さんとお話ししよう」と思っていたところへ急に飛び込んできた知らせ。

「交通事故で全治一週間のわたしを見舞いにきてくだ祭(さい)」

仕事中トイレで ちらっと見たフェイスブックに確かに載っていたのに、ようやく仕事を終えて 慌てて探すも うまくヒットしない!

仕方ないので(?)圭吾さんにLINEを送る。

 

 参考記事 「変わらないために、変わり続けよう」

       

自転車に乗っているときにコケて、30メートル近くぶっ飛んだらしい。。。

よくぞ無事でいてくれた! 車来てたら、本気でヤバかったはず。

頭意識と右腕は無傷とのことで、だからこそSNSでの発信もできるわけなのだけれど、右側を護るために左半身から落下し道路に激突、全身の痛みが徐々に出てきて、歩くのもままならないとのこと。

 

余談だが、そんな状態なのに「菊名に伺います!」と送信すると、金曜日にも行く予定の自分を気遣って「大丈夫ですよ!」とか言っちゃうひとなのだ、圭吾さんという人は。どうすりゃいいんだ?? やっぱ、自分の感じるまま思うままにするしかないな。

というか、人間が健やかに生きるには、感じるままに生きるしかないのだ。

 

自分一人では多分いろいろ無理だと考えて(翌日は仕事もいかなきゃ、だし)、遠方にいる鉄砲玉を除き、自分が知っている限りの圭吾さん関係の人びとに連絡した。

とりあえず翌日は何人か強力な人材を確保できたので一安心。

 

やっぱり時代はscrambleだな。やっぱ、人類みなスクランブルだな!

最近、人に頼れるようになった。苦手なことはすぐ頼る。ちょっとでも「自分でするのはイヤかも」と思ったら頼る。自分で無理な努力をする時間が0に近い状態。

例えば衣食住で言えば、自分の場合「食」系。洗い物は比較的すきなので、誰かが作ってくれている傍らで使用後の調理器具などを手早く洗うのはむしろウェルカムで。

そしたら、料理作るのは得意だけど洗い物が苦手という人が意外にいたりして

「わお! 得意と不得意を複数人でscrambleすれば、何でもできちゃうじゃん!」という気分になる。

 

 

 おなか減ったと言う(けれど、何系が欲しいのかエネルギーが低くて考えられない)圭吾さん用に、カットフルーツや駅の売店で売っていた「シュウマイ弁当」(さすが横浜だ!)菊名に着いてから買い足した揚げ物やらを抱えて菊名に着く。

一人ぼっちなのかと思いきや、圭吾さんのほかに もう一人、男子がいた。徹くんだった。

徹くんとは初めましてだったが、自分のほうは「圭吾さん生誕祭ムービー」やチームゼロのそのほかの動画やらで徹くんのことをよく見ていた。

何ごはんなのか不明な時間帯(午後4時過ぎ)に蕎麦を美味しそうにすする徹くん。その隣で圭吾さんも食べる的な流れになり、シュウマイ弁当が役に立った模様。弁当じゃない単品のシュウマイも、徹くんのつまみとなり…。

よく考えると、圭吾さんの日常生活上の好みとかって、全然知らないんだわ、ブログに書いてあること以外(揚げ物食べられない?とかその時に知ったし。フルーツは好物だとか)。ま、別にどうでもいいけど、その都度わかれば。

 

 

徹くんは映像をつくることをずっとやっているのだけれど、カメラを新しくしたことで、愛用のMacBookが相対的に古くなり、動作がモッサリになってきたとのこと。

いいお道具を使って思いっきりやって欲しいんだよな。お道具がイマイチなことに 囚われてほしくないんだよ。

 

 

 

 

うう、書きたいことまだまだあるのに、文字数ばかりが増え、眠くなってきて、自然と自分のミスタッチも増え…

もういいや、続くにしちゃえ!